広告

施設入所中に環境の変化が原因で認知症の症状が加速した事例

施設入所中に環境の変化が原因で認知症の症状が加速した事例

  認知症の患者さんが、「ご飯まだ?」「ご飯早く出して」などと訴える事例は良く聞きますし、私も介護職員として多く経験しています。 今まで全くそんな事を言わなかった施設入所者が突然そのような事を言うようになった事例を紹介します。 発熱、3日間の静養から Mさん(女性、80歳)は、特別養護老人ホームの4人部屋に入...

性格まで悪くしてしまう認知症は怖い

性格まで悪くしてしまう認知症は怖い

  私が勤務しているデイサービスに通って約3年になる80代の女性利用者のNさんはご主人と二人暮らしで、近所に息子さんが住んでいます。 認知症と診断されていますが、デイサービスに通って最初の頃は特に問題を起こすことはなく、記憶力が少し弱い程度でした。 昔からバリバリ営業の仕事をしてきて行動派で人の世話を焼くのが...

認知症は軽度ですが、寝たきりで訴えの多い高齢者に対する対応

認知症は軽度ですが、寝たきりで訴えの多い高齢者に対する対応

  Yさん(女性、80代)は、特別養護老人ホームに入所し、要介護4で寝たきりの状態です。 パーキンソン病とリウマチも患っており、足は曲がったまま固まってしまい、座位もとれないので、車いすはリクライニング型を使用しています。 体位変換も自力不可能で、時間ごとに介助し体位を変えています。 軽度認知症とされています...

睡眠薬に依存する認知症高齢者に対する対応と解決策

睡眠薬に依存する認知症高齢者に対する対応と解決策

  介護老人保健施設を利用中のKさん(80代前半女性)は、日常生活で身体の支障はないものの、老人性認知症と診断されている方でした。 物忘れが多く、自分が食事をしたことやお風呂に入ったことを忘れては 「私、食事食べましたか」 「私、お風呂に入ったかしら」 などと職員に都度確認します。 社交性は高かったので、「は...

認知症による性的行為(お尻や胸を触る)を薬で抑えた症例

認知症による性的行為(お尻や胸を触る)を薬で抑えた症例

  定員20名のデイサービスを利用している男性利用者のHさんはまだ65歳を過ぎたぐらいの利用者の中では一番若いですが、アルツハイマー型認知症と診断されています。 子供はおらず、奥様と二人で生活をしていますが家にいると外への徘徊があり、帰ってくる事ができなくなってしまいます。 体格も良く、身体的にはなんら問題の...

認知症になっても過去の記憶は残っている事例(ユキちゃんの真実)

認知症になっても過去の記憶は残っている事例(ユキちゃんの真実)

  通所介護を利用していたMさん(80代後半女性)は、週3回通所介護を利用して在宅で生活されている方でした。 家族も協力的で、3階建ての家にエレベーターを設置し、Mさんを可能な限り在宅で過ごせるように住宅改修にも力を入れていました。 MさんのADL(日常生活動作)は、ほとんど歩行は不可なものの、上半身に特に支...

入浴拒否の強い認知症利用者への対応に映画を利用

入浴拒否の強い認知症利用者への対応に映画を利用

  利用者のTさんは年齢がまだ70歳と若い男性の方ですが、アルツハイマー型認知症と診断されています。 奥さんとは離婚をしており、子供とも離婚して以来会っていないのでずっと独居生活をしています。 トラック運転手の定年後は家にこもりがちになり、いつしかうつ病も発症してしまいました。 家の中は掃除もできない、お風呂...

会社で高い地位にあった認知症利用者の暴言対策

会社で高い地位にあった認知症利用者の暴言対策

  若い頃は証券マンとして会社で高い地位となっていた男性のMさんは会社を退職後、特に何をするでもなく日々を過ごしていました。 ですがだんだんと物忘れがひどくなり、次第に近所の方に何度も同じ挨拶や会話をするようになり、家族が受診をさせるとアルツハイマー型認知症と診断。 すでに認知症はかなり進行しており、物忘れ、...

レビー小体型認知症の症状である幻覚とパーキンソン症状

レビー小体型認知症の症状である幻覚とパーキンソン症状

  Sさん(80代 女性)は、息子さんとの二人暮らし。 移動は車いす、排泄・更衣などは一部介助が必要でしたが息子さんの献身的な介護により、精神状態・健康状態共に良く、とても穏やか。 週に2回、デイサービスに通っていましたが、職員にもいつも笑顔で、優しく声をかけてくださる方でした。 体調の変化と共に現れた症状 ...

傾聴の大切さ。自殺願望を訴える認知症利用者に対する事例

傾聴の大切さ。自殺願望を訴える認知症利用者に対する事例

  介護老人保健施設に入所していたEさん(60代後半女性)は、以前に交通事故にあい、脊髄損傷のために首から下の部位が動かせず、ほぼ全介助の方でした。 認知症は極めて軽く、時々物忘れのある程度で、社交性も高く、笑顔の素敵な方でした。 また職員や利用者様の名前を何人か覚えていて、Eさんのほうから 「〇〇さん、~を...

Return Top