Read Article

広告

アルコール依存症から認知症を発症した男性が家族に涙で謝罪

広告

 

私は、福祉系の大学を卒業して、認知症を専門とした特別養護老人ホームに配属されました。
特別養護老人ホームは言い方悪いですが、死ぬまでその施設に居ると言う事で、2003年当時は、「厄介払い」で施設に入れるのも珍しくありませんでした。
当時、私も新卒だったので張り切っていました。
20人の入居者さんをお世話する日々で、徘徊する人や泥棒扱いする人、色々な方が入居していました。
そこで、出会ったのが、アルコール依存症から認知症を発症した70代男性Mさんでした(施設入所者の30%がお酒を原因とする認知症という調査もあります)。

①何故入居になったのか?

元々酒癖が悪かったようで、アルコール依存症から、心臓の病気とアルコール依存症による認知症を発症され、家族に暴言暴力を振るうので、福祉課経由で入居したとの事でした。
昔ながらの頑固爺さんって感じで、家族は元より、私達職員も「どうしたらその方が、上手く老いる事が出来るか?」と考えていました。

②他の入居者さんにホラを吹く

その施設には、昼間はお風呂の係とフロアの見守りの係がいるのですが、フロアの見守りをしていると、Mさんが、他の入居者さんに、「あそこの山にお化けがいるんやぞ!」とホラを吹くのです。
それにより、Mさんがホラを吹いた相手が夜中徘徊したり困った事態になりました。
また、腹がたつと机を殴ったり、職員に対して殴るそぶりをしたりしていました。
それが、何度もあり、私達職員も頭を悩ましていました。

③ケアの会議で話し合い

Mさんのケアは、私達職員も頭を悩ましていたので、よくケア会議を開いていました。
当時は、身体的ケアが主体となっていたので、精神的なケアは二の次だったのですが、職員会議で「あーでもない」「こーでもない」と話し合っていましたが、答えはでず、職員も途方に暮れていました。

④私が担当に配属

そんな中、入社から半年経って慣れた頃、入居者の担当の割り振りがありました。
私は、「誰になるのかなー?」とドキドキしてたのですが、Mさんと脳梗塞による認知症の女性2人を受け持つ事になりました。

⑤夜勤で、Mさんから話を聞いた

慣れてくると、夜勤が入ってきます。
夜勤は、認知症の場合、徘徊や転倒があるので、正直私は好きではありませんでした。
そんな中、Mさんが「〇〇さん(私のこと)。話あるんやけど、いいかな?」と言ってきました。
当時、新人でミスが多かったので、その愚痴かな?とドキドキしていたら、その方から、家庭の事情や、病気の事を話してくれました。

⑥その方の身の上話

認知症の方は、自分の病気を理解してないと思われがちでしたが、実際、Mさんは「アルコール依存」という認識はあったようです。
話を聞くと、その方は「頑固爺さん」だったようで、仕事から帰ってきてはお酒を飲んで、奥さんや子供に暴力を振るっていました。
当時、頑固な親父が主流な時代だったので、DVなどの認識は世間にはありませんでした。
なので、奥さんや子供は耐えていたようです。

しかし、子供が巣立ってひと段落した頃に、アルコール依存を発症してしまい、精神科の入院を繰り返す日々だったようです。
精神科に入院繰り返しても、家族の面会は殆ど無かったようです。
何故なら、「暴力を振るう人」という認識だったので、家族としては縁を切りたかったのでしょう。

アルコール依存で症状は良くならず、それから認知症を発症して、今の施設に入居しました。
でも、本音は「家族に謝りたい」との事を涙ながらに訴えていました。
私は、傾聴する事しかできませんでしたが、翌朝、出勤したフロアリーダーに相談をしました。

⑦その後どう対処をしたか?

その後、フロアリーダーから、相談員に話がいき、職員で会議を行いました。
正直、職員間でもMさんのことを問題児扱いをしていました。
これまでは原因も分からなかったため、Mさんの問題行動に対して解決策を見いだせなかったのですが、私が夜勤で伺った「家族に謝りたい」という事が解決のきっかけになるかと考え、家族に会っていただくことになりました。
家族の方は会うのは拒否していたので、何度か面談を重ね、相談員とフロアリーダーの同席のもと、やっと会っていただくことが出来たのです。
Mさんの希望が家族に謝りたいとの事でしたので、まずは、家族と職員が面談し、その後Mさんと家族が面会しました。
Mさんの方から涙ながらに謝ってました。

それからは月2回程面会に来るようになりました。
月2回の面会でしたが、面会があった日は、機嫌が良くて、ホラを吹くことなどの問題行為も無かったです。

その面会があって2年後、持病の心臓の病気が悪化し、逝去されましたが、新人の私にとってその方からたくさんの事を学び、10年程経った今でも、感謝しています。

[参考記事]
「認知症介護 宮野さん編⑤母の暴言で疲れ果てアルコール依存症に」

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top