Read Article

広告

見当識障害により薬の管理が難しい認知症の方への対応

広告

 

 トキエさん(仮名:81歳)は、いつもゆったり構えていてニコニコされている穏やかな老人です。息子夫婦と過ごされていましたが、認知症による見当識障害があり、時間の感覚が判らなくなり夜にずっと起きていて、昼間寝てしまうことが多くなりました。また、薬の飲み忘れが多くなっていることから、家庭では対応が難しくなり、長女の住まいの近くの老人ホームへの入居になりました。

毎日、寝る前のお薬が気になる

 トキエさんは、一日4回の服薬があります。朝食後、昼食後、夕食後として就寝前です。服薬は、職員がお薬をご本人の手のひらに渡して飲んでいただいています。食事の後のお薬は、食事と連動して飲むので、特に気にはされていないようですが、寝る前の薬は異常に気にされて、1時間も経つと「今日は寝る前の薬飲んだかしら?」と気にされるようになっていました。そしてお決まりの質問は「今日は何日?」「今日は〇日でいいのかしら?」です。毎日、夕食後に会う職員に聞いてきます。

 見当識障害は日時や今の状況、周りの人が分からなくなる症状が現れますが、トキエさんは時間の感覚がずれているため、いつ薬を飲んだのかも分からなくなっていました。そして、特に日にちにこだわりがあるため、今日が何日か分からなくなっているのが、自分でも辛くなっているようです。

認知症の進行の変化

 トキエさんが入居された時は、今より痩せておられましたが、今では少しふっくらしてきています。娘さん夫婦は会社を経営されていて、なかなか頻繁には訪問できないため、来られた時にはついついお好きなお菓子等を持ってこられます。それを夕食後から寝る前に召し上がることが多くなり、体重増加につながっているようです。糖尿病もなく、血圧も大きくは上昇していないので、病院でも強くは止められていません。

 ただ、最近「私、何だかおかしくなってきてるみたい」「私、ボケて来てない?」と聞かれることが増えてきています。洗面所の前に立ちボーっとしていることがあり、声をかけると、歯磨きの仕方が判らなくなったと言われたことがあります。いわゆる「失行」の症状が出始めていました。認知症の中核症状はその人によって様々に出現します。中核症状には一般的によく知られている「記憶障害」や「見当識障害」のほかに「実行機能障害」「失語」「失認」「失行」等があります。

[参考記事]
「認知症の中核症状って一体どんな症状なの?」

毎日カレンダーに書き込む日課

 トキエさんは毎日、今日あった出来事を箇条書きで日誌に書いています。ただそれだと今日が何日か分かり辛いので、薬の管理に関しては大きなカレンダーに「寝る前の薬を飲んだ」という文章を記入をするようになりました。部屋のテーブルの上にはカレンダーが広がった状態で置かれています。毎晩、夜勤職員が持ってきた眠前薬を飲むとそのカレンダーに書き込まれるのが日課になっています。

 トキエさんがなぜこのような日課を過ごしているのかは彼女の若い頃の仕事と関係があります。ある日、遅番勤務者が声かけに行くと、いつものようににこやかに対応され、職員に「今日はもう帰るの?」と聞いてきました。「はい、トキエさんがパジャマに着替えたら、帰りますよ。トキエさんは?」と返すと、「うん、私も薬の準備をしたら、今日は終わり」と言ってきました。トキエさんは若い頃、病院で看護師をされていたようで、その時代に戻っているようでした。だから、カレンダーに「寝る前の薬を飲んだ」と書かれていたのでしょう。看護師時代は患者さんの薬の管理をカレンダーで行っていたわけではないでしょうが、何かしらの習慣が残っていたのだと思います。日誌的な日記も看護師時代の名残りなのでしょう。

寝る前のルーティン業務

 夜勤者が夜9時には眠前薬を持ってきます。その時に前の日の眠前薬の空の袋を処分して、今日の薬を袋ごと渡します。お部屋のごみ箱に、その空の袋を捨てていましたが、ある日、空の袋が何日分もあり、「今日は何日なの~?」と不安定になることがありました。それからは職員は空の袋を持ち帰って捨てるようになりました。

 時々、眠前薬にはロゼレム錠やマイスリー錠が入っているため、カレンダーに記入をする前に眠ってしまうことがあり、翌日は「あら~、今日は何日?9日?10日?」と迷われたことがあります。それからは薬を飲んでいただいたら、カレンダーに記入するまで確認するのが、夜勤者の仕事になりました。そして、薬を飲んだ後は椅子に腰かけたままのトキエさんですが、職員が夜の9時半に再度来訪し、ベッドに誘導します。トキエさんのルーティンに合わせて、夜勤者のルーティンができました。

 今日も「今日は何日?」「2日でよかったっけ?」「木曜日?」と見当識の障害は治まっていませんが、今日もトキエさんは元気です。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top