Read Article

広告

介護保険の概要と介護保険で受けられるサービス

広告

 

今回の記事では介護保険で受けられるサービスについて説明します。

介護保険制度の概要

現在の介護保険制度は要支援1、2と要介護1〜5の7つに分けられています。
介護保険は、介護を必要とする高齢者の残存能力を落とさないように維持、もしくは残存能力の向上ができるよう支援計画を立て、それに向けて介護福祉士やケアマネージャーなどの福祉職が中心に活動し、高齢者を社会全体で支えるため、2000(平成12年)年4月に開始されました。

利用できるサービス

(a)施設介護
有料老人ホーム、特別養護老人ホーム、認知症専門のグループホーム、介護老人保険施設、サービス付き高齢者住宅等での利用。


特別養護老人ホームでは、地方自治体などの援助も受けることで、安く介護サービスを受ける事が可能となります。
介護度(要介護度3〜5)の違いにより食事代金を含め約7〜10万円程の自己負担で1ケ月の利用が可能となります。
そのため人気もあり、入所するためには数ヶ月〜1年待ちも増えています。
要介護度3以上で入居することができます。

介護老人保険施設(いわゆる老健)はリハビリをメインとした3ヶ月間程度の短期滞在型施設となります。
医師が日中常駐し、看護師もいますが長期での滞在は困難となります。

サービス付き高齢者住宅は、マンションの一室を介護型に改造し、必要な時に訪問介護が受けられる高齢者住宅となります。
食堂やカフェもあり、1番自由度は高いですが、経済的負担は介護保険を利用しても、毎月30万円以上は必要となります。

(b)施設に通う介護
デイサービス(通所介護施設、通所リハビリ)や
短期間の宿泊ができるショートステイ、通所と宿泊が出来る小規模多機能型施設。

通所サービスは、日帰りのサービスで家までの送迎があり、昼食を食べ、みんなで出かけたりゲームをしたり、自分の趣味ができる所もあります。
介護スタッフのサポートにより入浴サービスも受ける事もできます。

(C)訪問介護
在宅で介護保険を利用する場合、主に訪問介護等のサービスの利用で、生活援助(掃除、買い物や食事の準備)、入浴介助や排泄介助、外出介助を介護福祉士や看護師からサポートを受けることが可能です。
訪問入浴の利用時、家の浴槽に入れないなどの諸問題があったとしても、介護スタッフと看護師が訪問し、ポータブルの浴槽を組み立て、安全に入浴介助を受けることも可能です。
1回の訪問で数千円必要となる場合もありますが、介護保険を利用することで1割負担となり、数百円でサービスを受けることも可能です。
(但し、65歳以上で合計所得額が160万円以上の方は2割負担)

また、福祉用具のレンタル、訪問看護、訪問リハビリ、夜間対応型訪問介護なども近年増えてきました。

介護保険の単位数

介護保険では、介護度によって単位数という数字で分類されます(この点数も改定により変わっていきます)。
例えば要介護度3で26931単位まで使うことができます。
例を挙げると訪問介護1回の利用で排せつ介助などの身体介護を20分以上30分未満受けると245単位かかります。
他にも訪問入浴をする場合には1234単位、訪問リハビリをする場合には302単位かかるなど計算していきます。
月に使用した単位数=金額となり、そこから1割もしくは2割が毎月支払う金額となっています。

要支援1   5,003単位
要支援2  10,473単位
要介護1  16,692単位
要介護2  19,616単位
要介護3  26,931単位
要介護4  30,806単位
要介護5  36,065単位

〇身体介護が中心である場合
(1)所要時間20分未満
単位数165

(2)所要時間20分以上30分未満
単位数245

(3)所要時間30分以上1時間未満
単位数388

(4)所要時間1時間以上
単位数564

〇生活援助が中心である場合
(1)所要時間20分以上45分未満
単位数183

(2)所要時間45分以上
単位数225

毎月決まった単位数の中で訪問介護、訪問入浴、看護などを決めなくてはなりません。
また、都道府県、夜間や深夜の違いによって、単位数も多少の変化が生じます。
単位数をオーバーしてしまった場合には、オーバー分は10割自己負担となります。

まとめ

私が経験してきた中で介護を受ける利用者が、より良いサービスをうけるためには、ケアマネジャー選びが1番重要になるかと思います。
経験豊富で、周囲の医療機関にも精通したケアマネージャーを選ばれることをお勧めします。

[参考記事]

「介護老人保健施設の入所基準と認知症介護での役割」

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top