広告

認知症による見当識障害や徘徊がユマニチュードにより改善

認知症による見当識障害や徘徊がユマニチュードにより改善

  アルツハイマー型認知症のA様(80代女性)のお話をします。 A様は介護職員の手を借りずとも一人で歩くことができますが、認知症の症状として見当識障害がありました。 具体的な見当識障害として、「今何処に自分がいるのか」「日付感覚・時間」「昼夜逆転」があります。 さらにA様は徘徊・帰宅願望があり、階段前やエレベ...

Return Top