広告

認知症の方への水分調整とレクリエーションで徘徊頻度が減少

認知症の方への水分調整とレクリエーションで徘徊頻度が減少

   Hさん(80歳女性)は78歳の時にアルツハイマー型認知症を発症しました。当初は娘様と同居し、デイサービスやショートステイを利用しながら在宅で生活をしていましたが、自宅での帰宅願望がみられ徘徊が酷くなりました。24時間所在確認が必要なくらいのレベルで、同居の娘様も仕事ができない状態となり、特別養護老人ホー...

認知症のレクリエーションでやってはいけないこと

認知症のレクリエーションでやってはいけないこと

デイサービスなどの介護施設では脳の活性化、運動量の確保、コミュニケーションを目的にレクリエーションが行われます。 レクリエーションを楽しんで行えば認知症薬の効き目が高くなるというデータもあり、認知症の進行を抑える為に避けては通れない重要事項です(参考記事「デイサービスを使うと薬の効果が高くなるのか」)。 では、レクリエ...

Return Top