広告

認知症の母は衣類の意味が分からない失認の症状があります

認知症の母は衣類の意味が分からない失認の症状があります

  在宅で生活している80代女性の認知症の方のケースです。 この方は息子である長男と二人で賃貸住宅で生活されています。 要介護度2で認知症レベルはトイレに行ったり、お風呂に入るなどの「日常生活動作」は維持できていますが、買い物、料理、洗濯などの「手段的日常生活動作」については長男の世話が必要なレベルです。 そ...

Return Top