広告

新人介護職員による帰宅願望、異食行為、不潔行為に対する対応

新人介護職員による帰宅願望、異食行為、不潔行為に対する対応

  全くのど素人の私が初めて介護の仕事に就いたのは介護老人保健施設でした。 認知棟、介護棟、デイサービス、グループホームがあり、私は「認知棟」で働く事になりました。 認知症の程度は重い方ばかりでした。 普段は普通に会話をするのに何かの拍子で突然怒り出したり、こちら側がいつものように付き添いをしてると「しなくて...

認知症による帰宅願望に対して有効な介護者による声かけ

認知症による帰宅願望に対して有効な介護者による声かけ

  自宅で1人暮らしをされていたTさん(86歳・男性)は、肺気腫と診断され病院で入院されていました。 退院後には病状が落ち着いていましたが、脳血管性認知症もあり、在宅での生活が困難とのことで特別養護老人ホームへの入所が決定しました。 入所当日の夕方頃より施設フロアを何度も行き来されたり、エレベーターのボタンを...

認知症の帰宅願望に対する対応(グループホームでの実例)

認知症の帰宅願望に対する対応(グループホームでの実例)

  以前グループホームで働いていた時に、夫婦二人で入所している方がいました。 旦那さんはレビー小体型認知症で要介護1、奥さんはアルツハイマー型認知症で要介護3でした。 二人は、施設に入る前は二人暮らしをしていたのですが、同じ時期に二人とも認知症を発症してしまいました。 道に迷って警察に何度も保護をされたりした...

認知症の入居者の帰宅願望が意外なきっかけで軽減された実例

認知症の入居者の帰宅願望が意外なきっかけで軽減された実例

今回は特別養護老人ホームに入居されているMさんの帰宅願望が軽減された事例についてお話します。 入居をする際のMさんは要介護度3で、認知症の度合いとしては特に短期記憶がすごく弱い状態でした。 1分前に言ったこと、行ったことを既に忘れており、同じことを何度も繰り返そうとします(少し前に飲んだ薬のことを忘れており、再度要求す...

認知症の人の帰宅願望にどう対応しているの?

認知症の人の帰宅願望にどう対応しているの?

   帰宅願望は記憶障害や見当識障害(中核症状。時間や場所が分からなくなる症状)の側面もありますが、介護者の認知症の人への対応によって起こる周辺症状とも言えます。つまり、今自分がいる場所が家なのか、介護施設なのか区別ができずに帰ろうとする行為は「脳の機能障害のせいである」とも言えますが、「家や介護施設の居心地...

Return Top