広告

重度の認知症の人の昼夜逆転現象が機能訓練で大きく変化

重度の認知症の人の昼夜逆転現象が機能訓練で大きく変化

   特別養護老人ホームの入居者の昼夜逆転現象の改善方法と私たちが行ったケアについてお話します。  79歳男性のAさんは、重度の認知症を患っていました。年々加齢とともに歩行に問題が出てきており、体調によっては、歩行ができない日がありました。また、夕方になると落ち着きがなくなり、多動になることも多く見受けられま...

認知症による昼夜逆転を添い寝で解消した事例

認知症による昼夜逆転を添い寝で解消した事例

  Oさん(89歳・女性)は、息子さん家族と4人暮らしでしたが、1年前から認知症状が出現。 Oさんの認知症は進行が早く、家族が昼間仕事で家を空けることが多かったため、特別養護老人ホームに入所されました。 もともと人当たりがよく、お友達が多かったOさんは入所時とても穏やかで他利用者様全員に挨拶してまわるほどでし...

認知症による昼夜逆転はお昼寝で予防(厚生労働省も推奨)

認知症による昼夜逆転はお昼寝で予防(厚生労働省も推奨)

  ●昼夜逆転からくる問題点 高齢者の方によくある問題点として「昼夜逆転」が挙げられることがあります。 これは高齢になると眠りが浅くなり、すぐに目覚めやすくなっている(中途覚醒)ことが原因です。 夜中に目覚め「用事をしなきゃ」とか「仕事に行かなきゃ」など活動的になり、結果的に夜はほとんど寝ていないが故に日中に...

Return Top