広告

認知症による見当識障害が早期に進行していった事例

認知症による見当識障害が早期に進行していった事例

   花江さん(仮名:76歳)は、8年前にご主人を病気で亡くされ、分譲マンションにてお一人暮らしです。娘さんがお二人おり、長女は花江さんと同じ市内に住み、薬剤師として働いています。キーパーソンである次女は独身で、花江さん宅から車で高速道路を利用して1時間半位の市外に住んでいて、平日は医療従事者として勤務されて...

見当識障害により少女に戻っている85歳の認知症女性の事例

見当識障害により少女に戻っている85歳の認知症女性の事例

   Aさん(女性)85歳はアルツハイマー型認知症です。デイサービスを利用していましたが、認知症の中核症状が重くなり、家族の負担が大きいと言う事で、有料老人ホームに家族の意向で入居されました。 場所の把握ができない見当識障害  入所前から認知症の中核症状である見当識障害により時間や場所の把握がつかなくなってい...

認知症による見当識障害や徘徊がユマニチュードにより改善

認知症による見当識障害や徘徊がユマニチュードにより改善

  アルツハイマー型認知症のA様(80代女性)のお話をします。 A様は介護職員の手を借りずとも一人で歩くことができますが、認知症の症状として見当識障害がありました。 具体的な見当識障害として、「今何処に自分がいるのか」「日付感覚・時間」「昼夜逆転」があります。 さらにA様は徘徊・帰宅願望があり、階段前やエレベ...

Return Top