広告

老老介護により認知症の妻から暴言を受け、自殺寸前の夫

老老介護により認知症の妻から暴言を受け、自殺寸前の夫

  老老介護という言葉は、最近よく耳にすることが多いです。 高齢化社会で、核家族が多い世の中なので、老老介護になってしまうのは当然かもしれません。 今回はある夫婦の例を紹介します。 全介助の介護生活 Kさん(夫、76歳)とYさん(妻、80歳)は長年連れ添った夫婦です。 Kさんは、5年以上も妻Yさんの介護をして...

[認知症介護]老老介護の実例。妻を突き飛ばし骨折させた夫

[認知症介護]老老介護の実例。妻を突き飛ばし骨折させた夫

  Kさん女性75歳はご主人(75)と都内に2人で暮らしていらっしゃいました。 子供は2人、娘・息子は自立していました。 Kさんはアルツハイマー型認知症です。 ご主人と2人での生活の中、認知症と判明までにとても時間がかかりました。 認知症と判明した経緯も次に説明しますが、偶然から生まれました。 《認知症と診断...

老老介護の良い点と最低条件

老老介護の良い点と最低条件

  家族の機能低下に伴って表面化した問題の1つに老老介護があります。 老老介護とは高齢の夫婦のどちらかが病気などの理由で介助の必要に迫られた場合、配偶者が介護することです。 核家族化のため、高齢の配偶者以外他に介護をする人がいない場合に老老介護になります。 このように普段あまり良くない部分にフォーカスを当てて...

Return Top