Read Article

広告

認知症薬の処方量規定の問題点。これでは症状が悪化するばかりだ

広告

 

医者が処方する薬は製薬会社が決めた添付文書通りの処方をしないと診療報酬が支払われません。
処方した薬が認められない場合はその分の薬代は病院の自己負担になります。
これは認知症薬も同じです。
しかし、認知症薬が他の薬と違うところがあります。
それは増量規定があることです。
例えばレミニールの場合、初めは1日に8mg、4週間後に16mg、症状によってはさらに4週間後に24mgに増やすと添付文書に載っています。
症状は関係なく、4週間ごとに薬の量が増えていきます。
この増量規定は他の認知症薬であるメマリー、リバスタッチパッチ、アリセプトでも同じです。

通常、成人にはガランタミンとして1日8mg(1回4mgを1日 2回)から開始し、4週間後に1日16mg(1回8mgを1日2回) に増量し、経口投与する。なお、症状に応じて1日24mg(1 回12mgを1日2回)まで増量できるが、増量する場合は変更 前の用量で4週間以上投与した後に増量する。

レミニールの添付文書より引用

通常であれば患者の症状に合わせて薬の量を増やしたり、減らしたりすべきなのに一方的に増量しなくてはいけないなんて素人が考えても変です。
もちろん、製薬会社が決めた用法は厚生労働省に許可されているので「文句があるなら厚生労働省へ言ってくれ」と言われればそれまでですが、私は腑に落ちません。
製薬会社が利益のために薬の量を徐々に増やすように用法を決めていると勘ぐる医師もいますが、私もその意見に賛成です。
レセプト(診療報酬明細書)を書くときに「〇〇により、薬の量を減らす」と書けば減量が認められるケースもありますが、これは手間がかかり、大病院でさえもやってくれないようです。
なぜなら、毎日、何十人も認知症の患者を診察しているので、そこに時間を割くだけの余裕がないからです。

しかし、コウノメソッドで有名な河野和彦医師は認知症薬を添付文書の用法より少ない単位で処方しています。
もちろん、その場合にはレセプトに「〇〇により、薬の量を減らす」と書いていることは言うまでもないことですが、このように認知症の患者のことを親身になって考えてくれる医師を選ぶべきです。
もし、患者の状態を無視して、製薬会社の添付文書通りに薬を処方しているのならば他の病院に転院することをお勧めします。
今回書いた記事はすごく重要なことですので、忘れないでいただきたいです。

[参考記事]
「薬(アリセプト)は認知症に効果があるのか検証してみた」

[補足]
以下のように全ての認知症薬で増量規定が添付文書に載っております。

通常、成人にはメマンチン塩酸塩として 1 日 1 回 5 mgから開始 し、 1 週間に 5 mgずつ増量し、維持量として 1 日 1 回20mgを 経口投与する。

メマリーの添付文書より引用

 

通常、成人にはリバスチグミンとして1日1回4. 5mgから開始し、 原則として4週毎に4. 5mgずつ増量し、維持量として1日1回 18mgを貼付する。また、患者の状態に応じて、1日1回9mg を開始用量とし、原則として4週後に18mgに増量することも できる。

リバスタッチパッチの添付文書より引用

 

通常、成人にはドネペジル塩酸塩として 1 日 1 回 3 mgから開始し、 1 ~ 2 週間後に 5 mgに増量し、経 口投与する。高度のアルツハイマー型認知症患者に は、5 mgで 4 週間以上経過後、10mgに増量する。なお、 症状により適宜減量する。

アリセプトの添付文書より引用

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top