広告

認知症の人に対する否定的な言葉が暴力に繋がってしまった事例

認知症の人に対する否定的な言葉が暴力に繋がってしまった事例

   この記事では認知症の人に対する否定的な言葉が暴力に繋がってしまった事例をお話します。  テレビドラマなどではよく殴り合いのけんかをするシーンを目にします。私たちはそれは本当の事ではなく「作り物」を見ていると理解できますが、果たして認知症の方は素直に作り物だと受け入れることが出来るのでしょうか。 Aさんに...

脳血管性認知症により感情の起伏が激しい人への対応

脳血管性認知症により感情の起伏が激しい人への対応

   介護施設で働くなかで認知症を患っている人と関わることも多いですが、その症状の程度は様々でした。症状が軽い人であれば物忘れや施設内で迷子になる程度でした。しかし重度になると行動の抑制や判断力が落ちる結果、突発的な行動が増えたり、暴力や妄想なども出現します。  今回は認知症を抱える人との関わり方についての実...

幻覚を見て怯えたり騒いだりする認知症の人への上手な対応

幻覚を見て怯えたり騒いだりする認知症の人への上手な対応

 「部屋の中に誰か知らない人がいる」とか、本人しかいない部屋で「誰かが私の悪口を言っている」など、幻覚や幻聴を訴えてくる認知症の人がいます。幻覚や錯覚は、認知症の症状の一つです。  認知症の人が、実際にはないものを「見える」、「聞こえる」と訴えてきた場合、どのように対応するのが良いのか、介護施設での実例を用いながらお話...

外国人が介護施設で働くことは可能なのかを考える

外国人が介護施設で働くことは可能なのかを考える

   介護の人手不足という事で、現在外国人が日本の介護施設で働く事が増えてきています。知人が働いている施設でも外国人受け入れを始めました。話しを聞くと「認知症の人や統合失調症の人が、外国人を見ただけで落ち着かなくなり大変だ」との事です。  今後、外国人が介護施設で働くことは可能なのか考えていきたいと思います。...

認知症の人が行なう「契約」についての対応

認知症の人が行なう「契約」についての対応

   認知症の人が行なう契約行為に対する対応について書いていきます。  Dさん(女性)は自宅で一人暮らしています。ここ1年くらいの間に、認知症の中核症状としてよく見られる、記憶障害や見当識障害が見られるようになってしまいました。  家族は遠方に住んでいる為、月に3回だけDさんの身の回りのお世話等を行なっていま...

ショートステイに行きたがらない認知症の人への対応

ショートステイに行きたがらない認知症の人への対応

 以前私は、とある特別養護老人ホーム(以下、特養)に勤めていました。特養は、いわゆる『終の住処』です。介護が困難な場合や、身寄りのいない方などのお家であり、24時間365日衣食住と必要な介護を提供します。若い方で50歳代、最高齢で107歳と、幅広い年代の方が利用されていました。  今回は、そこで出会った方々と介護のお話...

物盗られ妄想がある認知症の人への対応について

物盗られ妄想がある認知症の人への対応について

   認知症の周辺症状の1つとして、物盗られ妄想があります。これは自身の持ち物を誰も盗っていないのに盗まれたと思ってしまう症状です。盗まれたと思っていた持ち物はどこかにしまって忘れているのです。  物盗られ妄想が出ると、相手に対して強い不信感を持っているため、解決することは難しいことが多いですが、 今回は利用...

認知症の人が食事をしない場合、どんな理由があるのか

認知症の人が食事をしない場合、どんな理由があるのか

   人が健康でいるためには、食事から十分な栄養を摂ることが必要不可欠。でも、食べることを嫌がって食事を拒否する認知症の人はわりと多いです。  食事をしようとしない高齢者に何とか少しでも食べてもらおうと施設でもあらゆる工夫をしていますが、中にはとても苦労をするケースもあります。  今回は、食べようとしない認知...

デイサービスのお迎えを嫌がる認知症の人への対応策

デイサービスのお迎えを嫌がる認知症の人への対応策

   デイサービスでは、朝と夕方の送迎時にヘルパーが送迎車に同乗して利用者の介助をします。ほとんどの利用者は毎朝笑顔で迎えてくれるのですが、中にはデイサービスに行くのが嫌で、どうしても送迎車に乗りたがらない利用者がいます。  送迎は時間が決まっているので、あまりひとりに時間をかけてしまうと後のお迎えの人を待た...

デイサービスを拒否する認知症の人への対応。信頼関係を築くのが先決

デイサービスを拒否する認知症の人への対応。信頼関係を築くのが先決

   Aさん(80代、男性)がアルツハイマー型認知症と診断された当初、介護者である妻がストレス等が原因なのかは判然としませんが、脳梗塞を発症した経緯があり、1日でも早い介護サービス利用に奥様をつなげました。結果「要支援2」の認定を受け週2回デイサービスを利用開始しました。  その頃よりAさんの猜疑心が強くなり...

Return Top