広告

認知症が原因で部屋に排泄を繰り返すことへの対応(実例)

認知症が原因で部屋に排泄を繰り返すことへの対応(実例)

  Cさんは80代の男性で、アルツハイマー型の認知症があり、私が特別養護老人ホームで働き始める以前から入所されていた方でした。 数年前までは奥さんと二人で生活されていましたが、奥さんも高齢になり、Cさんの認知症の症状が進んできているため、特別養護老人ホームへ入所されたという経緯を聞いていました。 Cさんは日中...

アルツハイマー型認知症の母は買い物依存症。そのための対策とは

アルツハイマー型認知症の母は買い物依存症。そのための対策とは

  Dさんは、90代の女性でアルツハイマー型認知症と診断されています。 アルツハイマーの症状は進行しており、毎日のようにテレビショッピングなどで商品を注文していました。 Dさんは在宅では一人暮らしをしておりますが、娘夫婦が近所に住んでいます。 しかし、いくら買い物のし過ぎを注意しても一向に収まりませんでした。...

[認知症介護]カメムシを食べてしまう異食行為の原因と対策

[認知症介護]カメムシを食べてしまう異食行為の原因と対策

  有料老人ホームに入所されていた78歳のNさん(女性)のお話をします。 Nさんは四人姉妹の末っ子に生まれました。 農家にお嫁に行き、二人の娘さんを育て上げました。 50歳の時に旦那さんを亡くされ、長女親子と暮らしていましたが、その長女も亡くなりお孫さんと暮らしていました。 Nさんは軽度の認知症を発症されてい...

認知症介護が必要なのに訪問介護と通所介護を嫌がる時の対応

認知症介護が必要なのに訪問介護と通所介護を嫌がる時の対応

  今回は89歳の男性(Aさん)のお話をします。 お子さんはおらず、長年奥様と二人で生活されていらっしゃいました。 戦時中は軍属の研究職として働き、戦後も長く研究者として仕事をされてこられた方で、ご自宅には学術書や専門的な書籍がたくさん並んでいます。 10年前に奥様が認知症を発症され、訪問介護を受けながら夫で...

[認知症の浮気妄想]同じ施設にいる夫を包丁で刺そうとした妻

[認知症の浮気妄想]同じ施設にいる夫を包丁で刺そうとした妻

  「いけないことだと分かっていても、どうして良いの分からない」 認知症対応型のグループホームに入居されていたN(70代女性)さんの口癖でした。 Nさんは比較的軽い認知症で、入浴も排泄も全て自分で出来る方でした。 グループホームですから、食事の買い出し、更には調理も全て自分たちで行います。 Nさんはその即戦力...

認知症の施設利用者からお尻を触られるセクハラに対する対応

認知症の施設利用者からお尻を触られるセクハラに対する対応

  今回はアルツハイマー型認知症のBさん(78才男性)についてのお話しをします。 Bさんはショートステイで月に3回ほど、施設に宿泊に来ていました。 地元でも有名な大きな会社を経営していたBさんは、基本的におっとりとしていて、風情のある方でした。 会社を経営していただけあって、知識も豊富で、認知症の症状があって...

認知症の高齢者が運転して起こす交通事故でも実刑になることがある

認知症の高齢者が運転して起こす交通事故でも実刑になることがある

  最近、高齢者の運転による悲惨な交通事故のニュースが多いのは皆さんもお気づきだと思います。 このような事故がなぜ減らないのか。 理由は認知症なのに運転をしている、身体能力(運動神経)が衰えているのに運転をしている高齢者が増えているからです。 高知大学が認知症の診断を受けた約7300人を対象にした調査を行なっ...

認知症の人が食事を食べてくれない時の対応(実例)

認知症の人が食事を食べてくれない時の対応(実例)

  Bさんは90歳代の男性で、5年前に脳梗塞で倒れ、右半身麻痺の後遺症が残り、自宅で家族の支援を受けながら生活をしていました(脳梗塞が原因の脳血管性認知症も患っています)。 家族は奥さんと娘さん夫婦、孫が2人で、主な介護者は娘さんです。 Bさんは元々嚥下機能(飲みこむ機能)が悪く、しばしば誤嚥性肺炎を起こし入...

幻覚で悪魔が見えるレビー小体型認知症の女性への対応

幻覚で悪魔が見えるレビー小体型認知症の女性への対応

  私が今からお話しするSさん(89歳女性)はレビー小体型認知症と診断されています。 Sさんは認知症が進んでいる最中の一番酷い急性期に私の施設(認知症対応型のグループホーム)に入所されました。 身体面では腹部大動脈瘤を抱えている以外は問題が無く、洗髪、洗身はほぼ自分で行い、排泄は尿失禁はあるものの、便失禁はな...

徘徊中に唾液を吐き捨てる認知症入居者への対応と対策

徘徊中に唾液を吐き捨てる認知症入居者への対応と対策

  住宅型有料老人ホームに新しく入居されたTさん(82歳男性)の症状はアルツハイマー型認知症による徘徊です。 入居する前の自宅でも落ち着いて座っていることのほうが珍しく、常に自宅内を徘徊し、気持ちを落ち着かせて座らせても10分後にはまた歩き回ってしまう状態でした。 さらに徘徊中唾液を床に吐き捨てる行為も見られ...

Return Top