広告

認知症による物盗られ妄想への対応はどうすればいいのか

認知症による物盗られ妄想への対応はどうすればいいのか

   アルツハイマー型認知症のBさんは要介護3の76歳女性です。ADL(日常生活動作)は比較的正常に保たれていますが、認知症状による問題行動がひどくなり、在宅での生活は困難とのことで、特別養護老人ホームに入所されました。 認知症状の一つ「物盗られ妄想」でパニック  物忘れはあり、人の名前は分からなくなってしま...

認知症による物盗られ妄想が引越し後に無くなった事例

認知症による物盗られ妄想が引越し後に無くなった事例

   ヨリコさん(仮名84歳)は穏やかな話し方をされるおばあちゃんです。糖尿病を患われ、認知症の症状が出てきているということで自立型のケアハウスから住宅型老人ホームに移って来られました。認知症となっていましたが、少し短期記憶が抜けているかな、という程度で、日常生活には大きく影響なく、スタッフともよく話す社交性...

物盗られ妄想の強い認知症高齢者への上手な対応方法

物盗られ妄想の強い認知症高齢者への上手な対応方法

   「物盗られ妄想」の強い認知症の高齢者は、施設内で他者とトラブルを起こしやすくなります。特に、同室の利用者や、日常接しているヘルパーは疑いの対象になりやすいです。疑った相手をひどい言葉でののしったり、大声で責め立てたりするので、周りの利用者も穏やかな気分ではいられません。  人は認知症になると、どうしても...

加速する認知症の症状に家族が取るべき対応とは

加速する認知症の症状に家族が取るべき対応とは

   主人の祖母(現在93歳)は、もともと手先が器用で、裁縫が得意、俳句や俳画も趣味で長年作品を作り続けておりました。また、おしゃべりが好きで、交友関係も広かったです。それが、5年前に祖父を亡くしてから大きな変化が起きるようになりました。寂しさからか、だんだん物忘れがひどくなり、昔のことは正確に覚えていても、...

認知症による物盗られ妄想の対応で大事なポイントは3つ

認知症による物盗られ妄想の対応で大事なポイントは3つ

  私は大規模有料老人ホームで介護士をしています。 施設には当然認知症の方もいらっしゃいます。 認知症から派生する「行動心理症状」には実に様々なものがありますが、その中でも厄介なもののひとつが「物盗られ妄想」ではないでしょうか。 私たち施設で物盗られ妄想の入居者様への対応についてお話ししたいと思います。 Nさ...

収集癖、物盗られ妄想のある認知症利用者に対する対応

収集癖、物盗られ妄想のある認知症利用者に対する対応

  入所施設を利用中で認知症の診断を受けているSさん(80代前半女性)は、身体のADL(日常生活動作)も比較的高く、社交性もあり、職員に対しても謙虚に対応してくださる方でした。 身体の問題よりも、収集癖が強いことが問題点としてあり、食事の際のおしぼりやおやつ、デイルームに置いてある飾り物などを自分のバッグに入...

物盗られ妄想の認知症高齢者の実例。ヘルパーに疑いをかける

物盗られ妄想の認知症高齢者の実例。ヘルパーに疑いをかける

これまでの経緯 Oさんは70歳代の女性、台所でのガスの消し忘れや先ほどまで使っていた物の置き場所を忘れてしまうといった、記憶障害がある認知症の高齢者です。 記憶障害がある以外は、自宅に限っては身の回りのことや回覧板の回覧など、Oさん自身で行える状況です。 以前は夜勤のある工場へ勤務する40代の長男と2人暮らしでしたが、...

認知症による物盗られ妄想の対応は自分で見付けてもらうことが大事

認知症による物盗られ妄想の対応は自分で見付けてもらうことが大事

  Sさん(80代女性)は、物忘れが酷いということで受診され、画像診断の結果、アルツハイマー型認知症と診断されました。 同じことを何度も繰り返し口にされる、ものを置いた場所、約束の日時を忘れるなど、加齢による「物忘れ」とあまり変わらない症状でした。 ただ、ご自分にそういう症状があることに、かなり不安や恥ずかし...

認知症による物盗られ妄想には原因があった(実例)

認知症による物盗られ妄想には原因があった(実例)

  認知症の症状としてよく見られる行為には「徘徊」や「物忘れ」、そして「物盗られ妄想」があります。 物盗られ妄想はどんな症状かと言うと、自分のお金や宝石などを実際には盗まれていないのに、「盗まれた」と思いこんでしまう事です。 そして、中には「あの人が盗んだ」と、何も盗んでない人を勝手に犯人扱いしてしまう人もい...

認知症による物盗られ妄想に対する対応と接し方(実例)

認知症による物盗られ妄想に対する対応と接し方(実例)

  私が勤める施設にはFさん(87歳 女性)がいます。 FさんはADL(日常生活動作)は非常に良く、シルバーカーを利用し、しっかりと自立歩行をしていますし、排泄も入浴もすべて自分で行えます。 以前自宅で転倒により、大腿部の骨折をし、リハビリによってシルバーカーによる自立歩行ができるまでに回復しました。 家族が...

Return Top