Read Article

広告

認知症になる前から介護方針について書き残すべき

広告

 

 認知症の症状が進んでいくと「本人が何を望んでいるのか」を知ることが難しくなります。

 ですので、認知症になる前から
「延命治療は必要か」
「認知症がどれくらい進行したら施設に入りたいか。もしくは入りたくないか」
「癌や認知症などの告知はして欲しいか」
「延命治療をしてほしいか」
などを決めておくべきです。

 そうすれば家族はその方針に従って判断することが出来ますので、「〇〇に決めたけど、お母さん(お父さん、おばあちゃん、おじいちゃん)は本当は何を望んでいたのかな」と悩まなくても済みます。

 認知症の告知に関しては本人がそれを望んでいても「あなたはアルツハイマー型認知症です」などと告知しない方がいいのではないかと思っています。やはり、予想以上にショックを受ける可能性もあり、それにより症状が悪化しかねないからです。

介護方針以外のこと

 介護方針の他にも、財産状況、趣味などの私生活のこと、葬儀のことを書き残しておいてください(一般的にこれらのことを書く書式があり、インターネットでダウンロードできます。記事の最後にリンクを張っておきます)。財産状況は銀行の口座、株などの金融商品、保険は何を持っているのかなどを書いていきます。いざお金を必要としている時に、どこにあるのか分からないと探す手間が増えて大変です。

 そして、趣味についても書き残しておけばデイサービスを利用する時も、それを参考にデイサービス業者を選ぶことが出来ます。例えば私の母親は歌が好きで、週に1回皆でカラオケに行っているのですが、このような情報は一緒に住んでいたり、たまたま話題になった時しか分かりません。ですので、私の母親が認知症になったら、音楽レクリエーションをやっているデイサービス業者を選ぶ予定でいます。認知症になったら、今までの趣味に興味がなくなるケースもあるので、その時になってみないと分かりませんが。

 認知症になったら「生きがい」が非常に大切になりますので、特に趣味や好きなことについての情報は詳しく書きましょう。毎日を楽しく過ごすと薬の効き目が良くなるという報告もありますので、認知症になったからといって、何もさせずに生活させることはしないでください。料理が好きなのであれば手伝ってもらったり、掃除をしてもらったり、何かしらの役割を与えてください(参考記事「デイサービスを使うと薬の効果が高くなるのか」)。

[参考]
「暮らしづくり 終活」
エンディングノート

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top