Read Article

広告

認知症の人の異食、食欲不振にどう対応しているの?

広告

 

異食や食欲不振は、人の生命維持に関わる事です。
早急に的確な対応を取らなければ、遅れた時間に比例して生活の質を落としてしまうリスクが上がります。
では、介護職員が異食や食欲不振についてどのように対応しているのかお伝えします。

異食について

私はあまり異食行為に遭遇した事はありません(弄便で手についた便をなんとかしようとして異食に走るケースは除く)。
異食は8年間の介護職員経験の中で2回なので平均すると4年に1度です。
後から思えばいずれも異食に向けてサインがあったように思います。

私が遭遇した異食は乾燥剤と新聞紙です。
乾燥剤を食べた人
は普段、食べた直後でも「お腹すいた。食べ物あるか?」と言われる人だったのですが、ご家族が持ってきたオヤツを自室で食べ、ご家族が帰った後、捨てられていた乾燥剤を見つけ食べたのです。
乾燥剤を食べた人は下唇が腫れ、本当に太さや大きさがタラコのようになっていました。
勿論その後は病院で胃洗浄をしました。
私がこの人へ行なった異食対策は食事を量は増やさずに回数を増やし様子を見るという内容を流用しました(本来は「食べてない」と訴える人向けです
)。
それからは、少なくとも退所するまで(この間半年程)異食行為は見られませんでした。

新聞紙を食べた人のケースも、空腹感によるものでした。
この人は食事摂取量が減っていた事から、(カロリー計算をした上で)一時的に食事の量を減らしていました。
そうしているうちに食事摂取量が戻ってきたので、元の量に戻そうとしている矢先に新聞紙を食べたのです。

どちらも「食べた」という行為に対する満足感が足らなかったのが原因でしょう。

食欲不振について

食欲不振の場面に遭遇した時に、考えられる事は色々あります。
「好きな食べ物ではない」
「今は食べる気分じゃない」
「食べ物と認識していない」
「レストランや宿泊施設と勘違いしており、お金を持っていないから食べられないと思っている」
等、挙げればきりがありません。
最後の例は特に内面の声を聞かない限り、外から見るだけではタダの食欲不振に見えます。
ですので、気を付けてもらいたいのが「本当に食欲不振なのか」という事です。
認知症は進行に伴って周囲に自分の状態を言葉で的確に伝えるのは難しくなります。
私は歯の痛みから食べなくなった認知症の人をケアした事があります。
始めは誰も気付かずに、理由を探っていたのですが偶然同じ状況に自分が置かれたので、もしかしたらとダメ元で調べると虫歯でした。
その虫歯が痛くて、食べる気がしなかっただけでした。

通常の意味で食欲不振の場合は
「体を動かす量を増やす」
「便秘になっていないか気にかける」
「気分が落ち込んでいないか気にかける」
「口腔マッサージや舌を刺激して「食べる」という認識を強めてもらう」
等で対応します。

[参考記事]
「認知症介護:便を顔に塗る弄便や便を食べる異食行為への対応(実例)」

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top